てんかん発作について

こんばんは。獣医師の西井です。

今回は、てんかん発作についてご説明します。

 

てんかん発作とは…?

てんかんとは、再発する発作性疾患の総称で、主に特発性てんかんと症候性てんかんに分類されます。特発性てんかんとは、様々な検査をしても異常が見つからない原因不明のてんかんで、わんちゃんでは最も一般的なで、症候性てんかんは、脳に何らかの障害や傷があることで起こるてんかんで原因として水頭症や脳腫瘍、脳炎などが挙げられます。。ひとえに発作といわれるものすべてがてんかん発作ではなく、非てんかん発作というものもあります。わんちゃん・ねこちゃんが発作と思われる状態になったときには、できるだけ早く病院に連れて行き、その発作がてんかん発作なのか非てんかん発作なのかを判断する必要があります。

【症状】

・突然、意識がなくなってバタンと倒れたりする

・左右どちらかの足が突然、激しくけいれんしたり、こわばったりする(強直)。

・おしっこやうんちをもらす(失禁・脱糞)

・全身が激しくけいれんしたり、こわばったりする

【原因】

①特発性てんかん

原因不明

②症候性てんかん

水頭症

先天的な脳欠損

腫瘍(脳腫瘍とほかの腫瘍からの転移)

脳炎(ジステンパー、壊死性髄膜脳炎、肉芽腫性髄膜脳炎など)

その他

③非てんかん発作

失神(心臓が原因)

急性前庭障害(捻転斜頚、眼振)

睡眠時行動異常(寝ている時に走っているように足を動かすなど)

代謝性疾患(肝性脳症、低血糖、門脈シャント、腎不全、、肝不全、糖尿病、アジソン症など)

中毒(農薬、殺虫剤、殺鼠剤、保冷剤や車の不凍液に含まれるエチレングリコール、鉛など)

チアミン欠乏(ねこちゃんに多い)

その他

【診断】

問診、身体検査、眼科検査、神経学的検査、血液検査、レントゲン検査、CT、MRIなどを組み合わせて今回の発作がてんかんなのか非てんかんなのか原因を判断します。

【治療】

①特発性てんかんに対しては、抗てんかん薬により発作を抑えます。しかし、最近の研究では、抗てんかん薬でコントロールできない難治性(薬剤耐性)のてんかんがあると報告されています。

②症候性てんかんは、その原因を取り除くまたは緩和することと抗てんかん薬を使用することで発作を抑えます。

③非てんかん発作は、原因となるもの除去(治療)すれば、脳は正常に回復します。薬を飲んでいても発作が生じる時があり、その時には、坐薬を用いて発作を抑えます。

しかし、抗てんかん薬は使い始めると一生飲み続けないといけません。急に薬を飲むのをやめると離脱発作と呼ばれる発作が起こるので注意が必要です。

【ほっておくと…?】

最初は、短時間の発作ですが、次第に発作が続く時間が長くなり出てくる回数も増えてきます。また、発作が起きると脳細胞もダメージを受けるので、長い発作が続くと命の危険性があります(発作状態が5分以上続く、発作後に目が覚めず2回目の発作が起こるというてんかん重積の場合、25%で命の危険があります)。一度でも発作かな?と思われる症状がでたら、主治医の先生に、今後のことについて相談することをおすすめします。

 

Filed under: 西井先生のブログ — nishii 10:22 PM

ご報告

 

今日のMちゃん。

今日はしっかりと立ち上がることができ

ごはんもしっかり食べました♪

Filed under: 毎日のご報告 — staff 8:22 PM

ご報告

本日から入院中のヨークシャ・テリアのMちゃん

しっかりご飯を食べてくれました(≧▽≦)♪

Filed under: 毎日のご報告 — tsuji 8:56 PM

潜在精巣について

こんばんは。獣医師の西井です。

今回も去勢に関係した病気についてご説明します。

 

潜在精巣(停滞精巣)について

オスのわんちゃん・ねこちゃんの精巣はもともとお腹の中にあり、生後2ヵ月までに陰嚢内に降りてきます。しかし、生後2ヵ月を過ぎても陰嚢内に精巣が降りてこない状態を潜在精巣といいます。通常、片側の精巣が降りてこないことが多いですが、両方の精巣がおりてこないこともあります。陰嚢内に降りてきていない精巣は、お腹の中(腹腔内)または鼠径部にあり、片側の場合は鼠径部に、両側の場合は腹腔内にあることが多いと報告されています。

【症状】

すぐに生じる症状はありません。しかし、潜在精巣は高い確率で精巣腫瘍になると報告されているので、今後、精巣腫瘍に関連した症状が出てくることがあります。(詳しくは精巣腫瘍のブログをご参照ください)

【診断】

触診で陰嚢に精巣がないこと確認し、鼠径部にあるのか腹腔内にあるのか超音波検査やCT検査で確かめます。鼠径部にある場合は、触診にて確認できることもありますが、降りてきていない精巣は正常の精巣より小さいことが多く触診できないことがあります。

【治療】

治療方法は去勢手術しかありません。降りてきていない精巣の場所により手術の方法が変わります。鼠径部にある場合は、皮膚の切開により摘出できますが、腹腔内にある場合はお腹を開ける必要があるので大変です。

【予防】

潜在精巣になるのを予防することはできません。しかし、潜在精巣は親からの遺伝により生じると報告されているので、潜在精巣のわんちゃん・ねこちゃんを繁殖に用いないことにより潜在精巣を生じにくくすることができます。

【ほっておくと…?】

潜在精巣は、正常に精巣が陰嚢内にある仔に比べ、精巣腫瘍の発生率が13倍になると報告されています。腫瘍化すると他の症状を示すようになるので、そうなる前に去勢手術をすることをおすすめします。

 

Filed under: 西井先生のブログ — tsuji 8:45 PM

良性前立腺過形成(前立腺肥大)について

こんにちは。獣医師の西井です。

今回も去勢手術により未然に予防できる病気についてご説明します♪

 

良性前立腺過形成(前立腺肥大)とは?

良性前立腺過形成とは、精巣にあるライディッヒ細胞から分泌されるアンドロゲンが刺激となって生じ、去勢手術をしていない6歳以上のオスのわんちゃんにもっとも多い前立腺の病気です(前立腺疾患の約半数を占めます)。ます。

【症状】

・しぶり(うんちをしようとするがでない)

・おしっこをするときに血が混じる

・尿意を伴わない尿道からの血液滴下

・繰り返しおこる尿路感染

・疼痛(痛み)

・食欲不振(痛みによる)

・発熱

・尿道閉塞(おしっこがでなくなる)

 

【診断】

尿道からの血が混じった排泄物、血尿があり、前立腺が肥大し、ほかに問題となる点がない健康な6歳以上の去勢していないオスのわんちゃんの場合、良性前立腺過形成を疑います。全身状態のチェックとして血液検査を実施し、レントゲン・超音波検査にて前立腺の肥大を確認します。

 

【治療】

去勢手術が第一に選択されます。去勢後の前立腺への効果は数週間以内に認められ、12週までには完治すると報告されています。前立腺からの出血は、手術後4週間で治まります。抗アンドロゲン薬による治療もありますが、良性前立腺過形成の緩和はほんの一時的で去勢ほどの効果はなく、薬をやめると再発します。

 

【予防】

去勢手術をすることで未然に予防することができます。

 

【ほっておくと…?】

大きくなった前立腺が膀胱や尿道を圧迫し、おしっこがでなくなる尿道閉塞を起こします。すると、体の外にいらなくなったものを排泄できないので尿毒症になる可能性があります。また、細菌感染も起こしやすくなるため、早期に治療することをおすすめします。

 

Filed under: 西井先生のブログ — nishii 4:21 PM

乳腺腫瘍について

こんにちは。獣医師の西井です。

連日に引き続き、今回は避妊手術で未然に予防できる腫瘍をご紹介します。

 

乳腺腫瘍について

乳腺の腫瘍は、避妊手術をしていない、もしくは、高齢になってから避妊手術をしたわんちゃん・ねこちゃんにもっとも多く生じます。女の子のわんちゃんで腫瘍全体の約半数、ねこちゃんで3番目に多い腫瘍であると報告されています。また、長期間、発情抑制の薬を使っていると70%の割合で乳腺腫瘍が生じます。わんちゃんの乳腺腫瘍の50%は悪性腫瘍であり、ねこちゃんはそのほとんどが悪性腫瘍と報告されています。

【症状】

乳腺またはその周囲にしこりができたり、異常な分泌物が乳頭から排泄されます。特にねこちゃんでは、しこりが潰瘍性の皮膚で覆われることがあります。腫瘍の転移によりリンパ節の腫大がみられることがあります。

【診断】

触診により乳腺の結節を確認します。腫瘍を切除する前に、組織生検(鋭利な針で組織を吸引採取し細胞学的に顕微鏡で検査する)をし、乳腺の腫瘍か別の腫瘍か判断します。確定診断には(良性・悪性を含め)腫瘍を切除し病理検査に出す必要があります。

悪性の場合、高い確率で肺に腫瘍が転移するので治療をする前にレントゲン検査や血液検査で健康状態と腫瘍の転移の有無を調べます。

【治療】

外科的に、腫瘍の切除を行います。

切除方法には、概ね次の2つがあります。

①腫瘍がある乳腺とそのリンパ節を切除する

②腫瘍がある側(片側・両側)の乳腺とリンパ節をすべて切除する

①の場合は、1つの乳腺にのみ腫瘍がある場合に用いられることが多く、②は、複数の乳腺に腫瘍がある場合に用いられます。完全に腫瘍を取り除いたとしても、また別の乳腺に再発する可能性があります。悪性であれば、肺やほかの臓器に転移している可能性、これから転移していく可能性があります。

 

【予防】

早期に避妊手術をすることで発生率を大幅に下げることができます。しかし、避妊手術をする時期により予防効果は変化します。

わんちゃん ねこちゃん
時期 発生率 時期 発生率
初回発情前 0.05% 6ヵ月齢以前 9%
1回目の発情後 8% 7~12ヵ月 14%
2・3回目の発情後 26% 13~24ヵ月 89%
4回目の発情後 予防効果なし 24ヵ月齢以降 予防効果なし

 

【ほっておくと…?】

次第に大きくなっていくと、日常生活の中で腫瘍が地面に擦れたりして表面が破けてきて(自壊する)、わんちゃん・ねこちゃんが自壊したところを気にしてなめることで治るのが遅くなったり炎症を起こしたりします。また、良性腫瘍が時間とともに悪性腫瘍に変化することもあり、転移の可能性が高くなります。

乳腺腫瘍は、早期の避妊手術により発生率を大幅に下げることができる腫瘍です。出産を考えていない場合、初回の発情をむかえる前に避妊手術をすることをおすすめします。

 

Filed under: 西井先生のブログ — nishii 9:43 AM

精巣腫瘍について

こんにちは。獣医師の西井です。

本日は、オスのわんちゃん・ねこちゃんに発生する腫瘍についてお話します。

 

精巣腫瘍について

精巣の腫瘍は、去勢手術をしていない高齢のわんちゃんで起きやすく、ねこちゃんでは、めずらしい病気です。中でも、精巣下降していない(仔犬のときに、精巣が陰嚢に降りてきていない:潜在精巣)場合、精巣腫瘍のリスクは約13倍になります。わんちゃんの精巣腫瘍は①セルトリ細胞腫②ライディッヒ細胞腫③精上皮腫がほぼ同じ割合で生じ、ほとんどが良性であると報告されています。

 

【症状】

エストロゲン産生過多に伴う腫瘍随伴症候群

・脱毛

・色素沈着

・雄の女性化(乳房が発達する)

・前立腺の扁平上皮化生

・骨髄抑制(貧血・血小板減少症・白血球減少症)

・正常な精巣の萎縮(左右の精巣の大きさが異なる)

 

【診断】

触診により腫大化した精巣を確認する。仔犬の時に潜在精巣と診断されている場合は、エストロゲン産生過多による皮膚の異常や女性化、血液検査の異常などから精巣腫瘍を疑い、レントゲン検査・超音波検査・CT検査などで特定する。

 

【治療】

すべての精巣腫瘍の治療は去勢手術です。しかし、骨髄抑制がみられるわんちゃんでは、貧血や血小板減少症を治療するために輸血のような支持療法が必要です。

 

【予防】

去勢手術をすることが最大の予防になります。

 

【ほっておくと…?】

ほっておくと、骨髄抑制により貧血が進行したり、体の免疫力が落ちていきます。免疫力が落ちると、日和見感染を起こしやすくなります。また、腫瘍が別の場所に転移してしまう可能性も高くなります。セルトリ細胞腫の場合、10~20%は腰部や腸骨のリンパ節に転移するといわれています。

 

Filed under: 西井先生のブログ — nishii 9:42 AM

避妊・去勢について

こんばんは。獣医師の西井です。

今回は、わんちゃん・ねこちゃんの避妊・去勢についてお話します。
避妊・去勢とは?

避妊・去勢とは、望まれない仔が出来るのを回避するためや性ホルモンに関連した病気を予防するための手術です。卵巣と子宮(もしくは卵巣のみ)を取ることを避妊、精巣を取ることを去勢といいます。
【避妊・去勢手術に期待すること】

・予期せぬ妊娠を避けることができる

・発情時の出血がなくなる

・性ホルモンによる病気の予防

女の子:子宮蓄膿症、乳腺腫瘍、子宮内膜炎、卵巣腫瘍など

男の子:前立腺肥大症、精巣腫瘍、会陰ヘルニア、肛門周囲腺腫など

・発情時の激しい鳴き声が抑制される

・性ホルモンによる問題行動の減少(マウンティング、スプレー行動、逃走癖など)
【避妊・去勢手術に期待しないこと

・全身麻酔をしなくてはならない

・体重が増加しやすくなる

・縫合糸によるアレルギー反応(特にミニチュア・ダックスフント)

・尿もれがみられることもある(エストロジェン喪失性尿失禁)

避妊・去勢手術の一番の目的は、将来起こるであろうホルモンによる病気を避けることです。たとえば、女の子のわんちゃんの場合、初めての発情がくるまでに避妊手術をすると、乳腺腫瘍の発生率は0.05%になるのに対し、避妊手術をしないと発生率は26%にまであがります。つまり500分の1まで発生率を下げることができます。体重の増加は、今まで子宮や卵巣、精巣に使われていたエネルギーが使われなくなるので、その分体重増加につながります。これは、ご飯の量を調節することで防ぐことができます。縫合糸によるアレルギーを防ぐために当院では、超音波手術装置をつかい体の中に糸を残さないようにしています。年を重ねるごとに、ホルモンによる病気の危険性が増し、また麻酔によるリスクも高くなる可能性があります。できるだけ早い避妊・去勢手術をおすすめします。

Filed under: 西井先生のブログ — nishii 10:00 PM

ご報告

 

入院中の柴犬のFちゃん。

目薬をさす時はおりこうさんにしてくれていますよ(^○^)

ごはんもおいしそうに食べていました♪

 

 

同じく入院中のチワワのSちゃん。

ごはんよりおやつの方が好きなようで、おやつを好んで食べていました(^v^)

とても大人しくしてくれていますよ(^^♪

 

Filed under: スタッフのブログ,毎日のご報告 — tsuji 9:00 PM

子宮蓄膿症について

こんにちは。獣医師の西井です。

今日は、子宮の病気についてご説明します。

 

子宮蓄膿症について

子宮蓄膿症とは避妊手術をしていない高齢のメスのわんちゃん・ねこちゃんがなりやすい子宮に膿がたまる病気です、発情が終わってから数日から数か月後に発症し、ほっておくと命にかかわります。

【症状】

・お水をよく飲む

・食欲が低下する

・尿の回数が増える

・動きたくなくなる(運動不耐性)

・発情後に外陰部から黄緑色をしたクリーム状の膿がでる

・お腹がはってきた(小型犬や猫)

・体温が高い

【診断】

外陰部からの分泌物があるかどうか、そしてレントゲン検査・超音波検査で液体で満たされた子宮を確認して診断します。血液検査は、全身状態と敗血症による代謝異常や腎臓の機能の評価に必要です。

【治療】

すぐに、膿がたまった子宮を卵巣ごと取り除く(避妊手術をする)必要があります。敗血症やエンドトキシン血症(細菌の出す毒素が全身に広がること)ある場合は、点滴や抗生剤により状態を回復させる必要があります。手術により膿がたまった子宮を取り除いても4~20%で亡くなる可能性があります。それほど、子宮蓄膿症は命にかかわる病気です。子宮を強制的に収縮させる薬によって、たまっている膿を取り出す方法もあります。しかし、子宮が破裂する危険性・再発があるという点で、避妊手術が勧められています。

【予防】

できるだけ早い時期に避妊手術をすることが子宮蓄膿症の最大の予防になります

 

子宮蓄膿症をほっておくと…

細菌感染が全身に広がってしまう敗血症や、ショック、DIC、多臓器不全になったり、膿が子宮の中にパンパンにたまって破裂し、腹膜炎を起こします。

避妊手術をしていないわんちゃん・ねこちゃんで「あれ?同じような症状かな?」と思ったらかかりつけの先生に相談してください。

Filed under: 西井先生のブログ — staff 3:11 PM
ページ先頭へ
アイペットクリニック
〒634-0812 奈良県橿原市今井町3-11-22
診療科目:予防、一般内科、一般外科、眼科
アニコム損保、アイペット 対応病院