ご報告2019.6.13

本日から入院の柴犬のKちゃん

今日は手術を頑張ってくれました!!

Kちゃん、お疲れ様(*^_^*)

 

 

入院中の様子のご報告を希望されない場合はご連絡くださいませ。

 

***ホテルでお預かりのわんちゃんです***

Filed under: お知らせ・新着情報,毎日のご報告 — staff 9:17 PM

膿皮症ってどんな病気?

こんにちは!

看護師の丸井戸です。

今日は膿皮症(のうひしょう)について先生に質問をしてみたいと思います!

 

○膿皮症ってどんな皮膚病ですか?

皮膚の表層および毛穴に常在する

ブドウ球菌が原因で起こる皮膚炎のことです。

 

○ブドウ球菌?誰かからもらったのでしょうか?

いいえ、皮膚の表面に生まれた時から存在しています(常在菌)。

皮膚になんらかの問題が起きた時にこれらの菌が増え過ぎてしまうことで

皮膚炎を引き起こしてしまうのです。

例えばヒトで言うニキビや、とびひのようなイメージです!

ニキビも大きくなりすぎると、潰れて膿(うみ)が出てきますよね、膿皮症もそれに似ています。

 

○なるほど。膿皮症は犬でどんな見た目になりますか?

ニキビのように毛穴が腫れブツブツができたり

赤くなったりじくじくしたりしているところに

かさぶたがくっついているように見えます。

輪状に黄色のフケや虫食い状の脱毛を伴う事もあります。

皮膚炎が起こしたことを痒がることがあります。

 

○犬ではよくあることですか?

犬は他の動物種に比べ、圧倒的に膿皮症が起こりやすいです。

しかし繰り返す場合には、膿皮症を起こしやすくなる要因を考えていかなくてはなりません。

アレルギーやホルモンの病気など、かくれた病気があると膿皮症が治りにくくなったり

繰り返したりすることがあるので注意が必要です。

 

次回の皮膚科ブログでは、膿皮症の子が病院に行ってからのお話を聞いてみたいと思います!

また今回の症状のお話でうちの子が膿皮症かもしれないと気になった方は

是非一度アイ・ペットクリニックまでご相談下さい!

Filed under: お知らせ・新着情報,皮膚科ブログ — staff 7:22 PM
ページ先頭へ
アイペットクリニック
〒634-0812 奈良県橿原市今井町3-11-22
診療科目:予防、一般内科、一般外科、眼科
アニコム損保、アイペット 対応病院