ご報告2020.5.4

本日から入院のトイ・プードルのLちゃん

今日は手術頑張ってくれました(^^)

Lちゃん、お疲れ様(*^^*)

 

入院中の様子のご報告を希望されない場合はご連絡くださいませ。

Filed under: お知らせ・新着情報,毎日のご報告 — staff 7:31 PM

血液検査でアトピーかどうかわかる?(後編)

こんにちは!

看護師の丸井戸です。

今回はアトピー性皮膚炎の子に血液検査をお勧めする場合のお話をしていきます!

前回のブログでお伝えしたように

残念ながら血液検査だけではアトピー性皮膚炎の確定診断にはなりません。

では、どのような場合に血液検査をするとよいのでしょうか?

 

アトピー性皮膚炎を起こす”原因アレルゲン“を調べるためには

『アレルゲン特異的IgE検査』が有効です。

この検査はそれぞれの環境アレルゲンに対して体が反応しやすいかどうかを調べる検査です。

この検査によってダニや花粉など、原因になる環境アレルゲンが推測出来ます。

 

原因アレルゲンが特定されれば、出来るだけそのアレルゲンを回避することが症状の緩和につながります。

例えば、花粉に陽性反応が出て春にかゆみが悪化する場合

お散歩コースを草木が多いところを避ける工夫したり

春に治療を強化したりする工夫が出来ます。

また、ハウスダストなどのアレルゲンに陽性反応が出た場合

アレルゲンを徐々に体に慣らしていく治療(減感作療法)を行う選択肢もあります。

 

しかし、すべての項目が陰性(問題なし)と判断されても

アトピー性皮膚炎でないとはいえません。

なぜなら環境中のすべてのアレルゲンを検査することは不可能だからです。

したがって、検査が陰性でも特徴が一致する場合にはアトピーと診断されます。

また、ステロイドなどのかゆみ止めを服薬している場合は

検査に影響する可能性があるため一時的にお休みする必要があります。

 

いかがでしたでしょうか。

アトピー性皮膚炎は治らない病気ではありますが

治療の選択肢はたくさんあります。

お悩みの方は是非アイ・ペットクリニックまでご相談下さい!

 

Filed under: お知らせ・新着情報,皮膚科ブログ — staff 6:08 PM
ページ先頭へ
アイペットクリニック
〒634-0812 奈良県橿原市今井町3-11-22
診療科目:予防、一般内科、一般外科、眼科
アニコム損保、アイペット 対応病院