巨大結腸症について

巨大結腸症について

巨大結腸症とは、わんちゃんよりねこちゃんに多くみられる病気です。過去に骨盤骨折をし骨盤腔内が狭小化したために、便がうまく排出されず巨大結腸になる場合と、原因不明の特発性があります。

【症状】
・排便回数の減少
・便秘
・沈うつ
・食欲がない

【診断】
触診により、著しく膨張した結腸を確かめます。この膨張の原因が、食事によるのか、代謝によるのかなど問診や身体検査などで確かめて行きます。腹部のレントゲン検査は、膨張した結腸と中にたまった便を見るのに最も適しています。

【治療】
治療には、根治療法と対症療法の2つあります。根治療法は、膨張した結腸を部分的に切除してしまう「部分的結腸切除術」です。これにより問題となる結腸を取り除くことができますが、結腸が短くなる分、軟便が続く場合があります。(生涯軟便になる場合もある)
対症療法は、①水分が多く便がたまりにくい療法食を食べる。②緩下剤(便軟化剤)や消化管運動改善薬を使用する。③定期的に浣腸により便を取り除くといった方法があります。
ただし、病気そのものを治すわけではないので生涯治療が必要な場合が多く、治療に反応しない場合もあります。

【ほっておくと…?】
便秘が続くと、食欲がなくなってくるので体の栄養状態が問題となってきます。状態が悪いと命にかかわる場合もあります。そういえば、最近便の回数減ったよね…と感じたら、かかりつけの先生に相談してください。もしかしたら、便秘の裏に巨大結腸症が隠れているかもしれません。

Filed under: 西井先生のブログ — tsuji 9:27 PM
ページ先頭へ
アイペットクリニック
〒634-0812 奈良県橿原市今井町3-11-22
診療科目:予防、一般内科、一般外科、眼科
アニコム損保、アイペット 対応病院