会陰ヘルニアについて

会陰ヘルニアについて

会陰ヘルニアとは、おしりまわり(会陰部)の筋肉が弱くなり筋肉の間に隙間ができ、お腹の中の臓器が飛び出てしまう病気です。男性ホルモンの影響や腹圧の上昇、筋力の低下などが原因として考えられています。5歳以上の去勢手術をしていない男の子のわんちゃんで多い病気です。

【症状】
・おしりの横が腫れてきた
・便がでにくい
・尿がでにくい、でない(膀胱がヘルニアを起こしている場合)
・元気がなくぐったりしている(膀胱がヘルニアを起こしている場合)
・嘔吐(膀胱がヘルニアを起こしている場合)

【診断】
直腸検査にて、直腸の逸脱、筋肉による支持の欠如、直腸憩室を確認します。同時に、レントゲン検査や超音波検査により前立腺の肥大がないか、膀胱が出ていないかを確認します。

【治療】
膀胱がヘルニアを起こしている場合は、尿毒症になっている場合があり膀胱から尿を抜いて膀胱を整復し、点滴によって状態を改善させます。会陰ヘルニア自体は、外科的な整復が必要になりますが、状態によっては手術をしても再びヘルニア孔があいてしまう可能性があります。

【ほっておくと…?】
膀胱がヘルニアを起こしている場合は、ほっておくと命の危険性があります。また、直腸憩室に便がたまると便の出がわるくなり、貯まった便により痛みを伴う場合があります。
会陰ヘルニアは若いうちに去勢手術をすることで発生する可能性を低くすることができます。

Filed under: 西井先生のブログ — nishii 11:47 PM
ページ先頭へ
アイペットクリニック
〒634-0812 奈良県橿原市今井町3-11-22
診療科目:予防、一般内科、一般外科、眼科
アニコム損保、アイペット 対応病院