猫伝染性腹膜炎について

猫伝染性腹膜炎について

猫伝染性腹膜炎とは、コロナウイルスの全身感染によりさまざまの症状を伴う病気です。劇症型は年齢に関係なく発症しますが、一般的には5歳齢以下のねこちゃんが発症すると報告されています。猫伝染性腹膜炎は、ウイルス株の病原性、ウイルス量、感染経路、免疫状態、遺伝的要因、他の感染症との合併など種々の要因により影響されると報告されています。

【症状】

・食欲がない(体重減少)

・発作や眼振

・発熱

・可視粘膜蒼白

・呼吸困難

・胸水や腹水

・黄疸

・脈絡網膜炎、前部ぶどう膜炎

【診断】

身体検査や血液検査、尿検査、レントゲン検査、超音波検査により様々な異常を見つけることができるが、猫伝染性腹膜炎であると確定診断するためには、病理組織学的な所見やウイルスの文理、免疫染色によるウイルスの証明、RT-PCR法によるウイルスRNAの証明により行われています。しかし、ウイルスRNAが検出されたからと言って必ずしも猫伝染腹膜炎を発症するとは限らないので、上記の症状と合わせて判断します。

【治療】

猫伝染性腹膜炎により全身症状を示しているねこちゃんのほとんどは、数日から数カ月で亡くなる可能性が高く、生前の診断が困難なことから確実にこの治療法が良いという方法は報告されていません。電解質や体液バランスの異常を補正する対症療法が多く行われています。

Filed under: 西井先生のブログ — nishii 11:51 PM
ページ先頭へ
アイペットクリニック
〒634-0812 奈良県橿原市今井町3-11-22
診療科目:予防、一般内科、一般外科、眼科
アニコム損保、アイペット 対応病院