鼻汁について

鼻汁について

鼻汁は、鼻腔と副鼻腔内でおこる病気と関連することが最も多いですが、細菌性肺炎や伝染性気管気管支炎のような下部気道疾患や凝固障害、全身性高血圧症のような全身性疾患で認められることもあります。鼻汁はその性状により①漿液性②粘液膿性③出血性の3つタイプに分けられます。

①漿液性鼻汁
透明、水様の鼻汁で排出量と期間によっては、正常であったりウイルス性上部気道感染の徴候であったり、粘液膿性鼻汁に進行したりします。

②粘液膿性鼻汁
粘稠性、白色・黄色・緑色の鼻汁で炎症により生じます。原因として、感染因子・異物・腫瘍・ポリープ・アレルギー・口腔からの疾患の波及があります。粘液膿性鼻汁に加え咳、呼吸困難、捻髪音の聴取のような下部気道疾患の症状を伴う場合は、下部気道と肺実質を重視して診断します。多量の持続性の出血を伴う場合は、腫瘍や真菌感染が関連する場合が多いです。

③出血性鼻汁
持続的な出血は、創傷、局所の急速進行性疾患(腫瘍、真菌感染など)の過程、全身性高血圧症、全身性出血性疾患から起こります。鼻出血を起こす全身性の止血異常を伴う疾患には、血小板減少症、血小板機能障害、フォン・ヴォレブラント病、殺鼠剤中毒、血管炎などがあります。

Filed under: お知らせ・新着情報,西井先生のブログ — nishii 11:56 PM
ページ先頭へ
アイペットクリニック
〒634-0812 奈良県橿原市今井町3-11-22
診療科目:予防、一般内科、一般外科、眼科
アニコム損保、アイペット 対応病院