短頭種気道症候群について

短頭種気道症候群について

短頭種気道症候群とは、パグ、フレンチ・ブルドッグ、ボストン・テリア、ブルドッグ、シー・ズーなどの顔の短い犬種(短頭種)で見られる閉鎖性の気道障害(スムーズに空気を吸ったりはいたりできない)をいいます。短頭種特有の、平たい鼻、丸い頭、短く太い首などの元々の作りが原因となり、狭窄性外鼻孔、軟口蓋の過長、喉頭室の外反、喉頭虚脱、気管の低形成、厚い舌、扁桃の腫脹などが複数合併して起こります。猫でもチンチラ(ヒマラヤン)のような短頭種で見られます。

【症状】
・激しいパンティング
・喘鳴音
・呼吸困難
・チアノーゼ
・失神
・高体温

【診断】
犬猫種、症状などから診断可能なものから、麻酔をかけた状態で内視鏡検査が必要なものまである。

【治療】
外科的・内科的治療がある。
狭窄性外鼻孔、軟口蓋の過長、喉頭室の外反、気管虚脱、扁桃の腫大は外科手術により対応することができるが、それ以外の原因は外科手術により対応することはできない。
内科的治療は、病気を治すことではなく、今ある症状を緩和する方法で、抗炎症剤・去痰剤、鎮静剤、酸素療法などがあります。

【ほっておくと…?】
「短頭種だから荒い呼吸は普通でしょ?」という考え方は、今からの季節、大敵になります。高温多湿で、症状はいっきに悪化するため、ほっておくと亡くなってしまう可能性もあります。暑い時間帯は外出を控え、激しい興奮を避けるようにする必要があります。

Filed under: 西井先生のブログ — nishii 3:24 PM
ページ先頭へ
アイペットクリニック
〒634-0812 奈良県橿原市今井町3-11-22
診療科目:予防、一般内科、一般外科、眼科
アニコム損保、アイペット 対応病院