熱中症について

こんにちは。獣医師の西井です。

最近ますます暑くなってきましたが、暑さ対策はバッチリですか?

今回は、夏をむかえるにあたり注意しておきたい病気についてご説明します♪

【熱中症とは?】

熱中症とは、長い時間暑いところにいたり気温が高いときのお散歩などで、体温が40度以上に上がったまま下がらなくなり、体の機能をうまく維持できなくなる状態です。

【熱中症が起きやすい場所】

・閉め切った室内

・車の中

・アスファルト

・日陰のない屋外

【どのような症状?】

・ぐったりして元気がなく、体温が40度以上になっている

・よだれを出し、ハァハァ、ゼェゼェと苦しそうに呼吸をしている

・熱中症がひどくなると、もどしたり下痢をしたり、けいれんや失神したりする

※症状が重篤化するとショック状態になり、命の危険があります

【気をつけることは?】

①室内でもわんちゃんだけでお留守番をさせる場合はエアコンをつけた状態にする(25度前後)

②お買い物など少しの間でも車の中をわんちゃんだけにしない

③日差しのきつい(気温の高い)時間のお散歩をひかえる

④お外にいるわんちゃんには日陰を作る

⑤いつでもお水を飲めるようにする

※シーズー、フレンチ・ブルドッグ、パグ、ボストン・テリア、ペキニーズ、チワワなど鼻の短いわんちゃんはもともと空気の通り道が狭いので特に気をつけましょう!!

 

もし、愛犬が熱中症になってしまったら…

病院に連れてくるまでの間にできることがあります!!

 

☆熱中症の応急手当☆

①首から下の体を冷たいお水(シャワーなど)で十分に濡らしたり、冷たいお水で濡らしたタオルをわきの下や内股のつけねにあてて体温を下げる

②エアコンの効いた涼しい部屋や車内に移動し、扇風機の風をあてる

③病院に電話で状況を説明し、緊急で受け入れられるかを確認する

④①~③の準備ができたら病院へ連れて行く

※応急手当をして、元気になったように見えても体の中がどれだけのダメージを受けたかわかりません。

安心せずに、病院で診察を受けてください。

 

今年の夏は、万が一の状態に備え、わんちゃん用の体温計を用意してみてはいかがですか(^^)ノ

 

Filed under: 西井先生のブログ — nishii 9:13 PM
ページ先頭へ
アイペットクリニック
〒634-0812 奈良県橿原市今井町3-11-22
診療科目:予防、一般内科、一般外科、眼科
アニコム損保、アイペット 対応病院