てんかん発作について

こんばんは。獣医師の西井です。

今回は、てんかん発作についてご説明します。

 

てんかん発作とは…?

てんかんとは、再発する発作性疾患の総称で、主に特発性てんかんと症候性てんかんに分類されます。特発性てんかんとは、様々な検査をしても異常が見つからない原因不明のてんかんで、わんちゃんでは最も一般的なで、症候性てんかんは、脳に何らかの障害や傷があることで起こるてんかんで原因として水頭症や脳腫瘍、脳炎などが挙げられます。。ひとえに発作といわれるものすべてがてんかん発作ではなく、非てんかん発作というものもあります。わんちゃん・ねこちゃんが発作と思われる状態になったときには、できるだけ早く病院に連れて行き、その発作がてんかん発作なのか非てんかん発作なのかを判断する必要があります。

【症状】

・突然、意識がなくなってバタンと倒れたりする

・左右どちらかの足が突然、激しくけいれんしたり、こわばったりする(強直)。

・おしっこやうんちをもらす(失禁・脱糞)

・全身が激しくけいれんしたり、こわばったりする

【原因】

①特発性てんかん

原因不明

②症候性てんかん

水頭症

先天的な脳欠損

腫瘍(脳腫瘍とほかの腫瘍からの転移)

脳炎(ジステンパー、壊死性髄膜脳炎、肉芽腫性髄膜脳炎など)

その他

③非てんかん発作

失神(心臓が原因)

急性前庭障害(捻転斜頚、眼振)

睡眠時行動異常(寝ている時に走っているように足を動かすなど)

代謝性疾患(肝性脳症、低血糖、門脈シャント、腎不全、、肝不全、糖尿病、アジソン症など)

中毒(農薬、殺虫剤、殺鼠剤、保冷剤や車の不凍液に含まれるエチレングリコール、鉛など)

チアミン欠乏(ねこちゃんに多い)

その他

【診断】

問診、身体検査、眼科検査、神経学的検査、血液検査、レントゲン検査、CT、MRIなどを組み合わせて今回の発作がてんかんなのか非てんかんなのか原因を判断します。

【治療】

①特発性てんかんに対しては、抗てんかん薬により発作を抑えます。しかし、最近の研究では、抗てんかん薬でコントロールできない難治性(薬剤耐性)のてんかんがあると報告されています。

②症候性てんかんは、その原因を取り除くまたは緩和することと抗てんかん薬を使用することで発作を抑えます。

③非てんかん発作は、原因となるもの除去(治療)すれば、脳は正常に回復します。薬を飲んでいても発作が生じる時があり、その時には、坐薬を用いて発作を抑えます。

しかし、抗てんかん薬は使い始めると一生飲み続けないといけません。急に薬を飲むのをやめると離脱発作と呼ばれる発作が起こるので注意が必要です。

【ほっておくと…?】

最初は、短時間の発作ですが、次第に発作が続く時間が長くなり出てくる回数も増えてきます。また、発作が起きると脳細胞もダメージを受けるので、長い発作が続くと命の危険性があります(発作状態が5分以上続く、発作後に目が覚めず2回目の発作が起こるというてんかん重積の場合、25%で命の危険があります)。一度でも発作かな?と思われる症状がでたら、主治医の先生に、今後のことについて相談することをおすすめします。

 

Filed under: 西井先生のブログ — nishii 10:22 PM
ページ先頭へ
アイペットクリニック
〒634-0812 奈良県橿原市今井町3-11-22
診療科目:予防、一般内科、一般外科、眼科
アニコム損保、アイペット 対応病院