犬の糖尿病について

犬の糖尿病について

糖尿病には、体の中でインスリンが不足しているインスリン依存性糖尿病と体の中でインスリンは作られているが体がインスリンに反応しないインスリン非依存性糖尿病があり、わんちゃんの糖尿病のほとんどは、インスリン依存性糖尿病と言われています。糖尿病の原因はまだ明らかになっていませんが、遺伝的な素因、感染、インスリン抵抗性の疾患や薬物、肥満、免疫介在性膵島炎、膵炎などたくさんの要因が原因ではないかと考えられています。体を作る細胞は、血液中からグルコース(血糖)を取り込んでエネルギー源としています。糖尿病になると、この血液中のグルコースがほとんどの細胞に取り込まれないため、体が「糖分が足りない!」と感じ肝臓に蓄えられている養分(グリコーゲン)を糖に分解することで高血糖や尿糖を生じたり、血糖が利用されないため、ケトン体が作られケトアシドーシスを起こしたりします。糖尿病の好発犬種とし、オーストラリアン・テリア、フォックス・テリア、ケアン・テリア、ヨークシャー・テリア、スタンダード・シュナウザー、ミニチュア・シュナウザー、ビション・フリーゼ、スピッツ、ミニチュア・プードル、トイ・プードル、サモエド、サラ・アプソなどがあげられます。

【症状】

多飲多尿

多食

体重減少

急激な視力の低下(白内障)

元気消失・食欲不振・嘔吐・脱水(ケトアシドーシス)

【診断】

持続的な高血糖と尿糖が認められ、同時にケトン尿が認められれば確定診断となる。

検査方法としては、血液検査や簡易式の血糖測定、尿検査があります。

初めての血液検査で高血糖だったからといって必ずしも糖尿病であるわけではありません。採血をするときにわんちゃんが興奮するとストレス誘発性の高血糖が生じるので、不安なときはしっかりと担当の先生とお話ししてください。

【治療】

糖尿病治療の目的は、血糖値の日内変動を制限し血糖値を正常近く(1日を通して100~250mg/dlの範囲)に保つことで症状を抑え、糖尿病合併症を予防することです。そのためには、適切なインスリン療法、食事管理、適度な運動が必要になります。適切な量のインスリンを打つために、血糖曲線と呼ばれる1日を通しての血糖値の変化をグラフにしたものを作成します。これにより、インスリンの効果の有無、血糖値の極小値、インスリンの効果が最大となる時刻、インスリンが効果を示す時間、血糖値の日内変動がそれぞれのわんちゃんでわかるようになります。具体的には、1日を通して1~2時間ごとに血糖値を測定します。しかし、インスリン療法で注意しないといけないことは、インスリン過剰による低血糖とソモギー効果です。インスリン治療の開始や用量を変えたときに起きやすいので注意が必要です。

【ほっておくと…?】

糖尿病はほっておくと糖尿病性白内障による視力低下、白内障により生じるブドウ膜炎、慢性膵炎、再発性尿路感染症、呼吸器感染症、皮膚感染症、ケトアシドーシスなどさまざまな合併症を起こします。中でも、ケトアシドーシスはほっておくと命の危険性があります。

そういえば、最近お水を飲む量が増えておしっこの回数も増えてきたな…それに、食べてるのに痩せてきたぞ?と少しでも「あれっ?」という症状があれば一度、かかりつけの先生にご相談ください。

 

Filed under: 西井先生のブログ — nishii 6:18 PM
ページ先頭へ
アイペットクリニック
〒634-0812 奈良県橿原市今井町3-11-22
診療科目:予防、一般内科、一般外科、眼科
アニコム損保、アイペット 対応病院