膀胱炎について

膀胱炎について

膀胱炎とは、おしっこの流れとは逆向きに細菌が侵入し、膀胱内で炎症を起こす病気です。男の子よりも女の子のわんちゃん・ねこちゃんで多く、尿道からの感染や腎不全、副腎皮質機能亢進症、ステロイドの長期投与、腫瘍、糖尿病、膀胱結石などが原因として挙げられます。

【症状】

おしっこの回数が増える

陰部をよくなめる

おしっこに血が混じっている

おしっこをするときに痛がる

【診断】

血液検査、レントゲン検査、超音波検査、尿検査を行うことで診断します

【治療】

通常は2~3週間抗生剤を用いることで症状がなくなってきます。しかし、慢性経過をたどっている膀胱炎の場合は、治療になかなか反応しない場合があります。抗生剤を飲み終わった後に膀胱炎が再発する場合は、膀胱内の腫瘍や結石など他の要因が考えられるので詳しく検査する必要や、尿培養を行いどの抗生剤が効くか?を確かめる必要があります。

【ほっておくと…?】

膀胱内の細菌が腎臓にまで行き、腎臓で細菌感染を起こしてしまう場合があります。最近おしっこの回数が多いし、少ししか出さないな…、おしっこに血が混じってる!!など膀胱炎の症状が疑われた場合、かかりつけの病院に相談してください。

Filed under: 西井先生のブログ — nishii 11:23 AM
ページ先頭へ
アイペットクリニック
〒634-0812 奈良県橿原市今井町3-11-22
診療科目:予防、一般内科、一般外科、眼科
アニコム損保、アイペット 対応病院