口内炎について

口内炎について

口内炎は、歯茎や舌などの口の中の粘膜に炎症が起き、赤く腫れたり潰瘍ができたりする病気です。多くの場合、別の病気によって免疫抑制状態が引き起こされることで生じます。

【原因】
腎不全、外傷(異物、電気コードを噛んだ)、天疱瘡、全身性紅斑性狼瘡、猫ウイルス性鼻気管炎ウイルス、猫カリシウイルス、FeLV、FIV、紫根部膿瘍、歯周炎、骨髄炎など

【症状】
・濃くネバネバした唾液がでる
・口臭が激しい
・食欲がなくなる
・発熱
・体重減少

【診断】
口腔内の病変部を観察することで診断しますが、口内炎の原因を調べるために、血液検査やレントゲン検査を行います。より精密な検査を行うために麻酔をかける場合もあります。

【治療】
口内炎を起こしている原因がわかれば、その病気に対しての治療を行います。また、口の中はたくさんの細菌がいるので、積極的に抗生剤を使用し、口腔内をきれいに保ちます。最もひどい部位の葉を抜くことが効果的な場合があります。

【ほっておくと…?】
口内炎の原因がわからない状態でほっておくと、病気が進行し手遅れになる場合があります。また、口の中の痛みでご飯が食べれないので、だんだん痩せてきます。あれ?ご飯の前まで行くのに食べようとしないな?や口臭が急にきつくなったな…と感じたらかかりつけの先生のご相談ください。

Filed under: 西井先生のブログ — staff 10:00 PM
ページ先頭へ
アイペットクリニック
〒634-0812 奈良県橿原市今井町3-11-22
診療科目:予防、一般内科、一般外科、眼科
アニコム損保、アイペット 対応病院