犬伝染性気管気管支炎(ケンネルコフ)について

犬伝染性気管気管支炎(ケンネルコフ)について

伝染性気管気管支炎は、仔犬などの若いわんちゃんんがかかってしまう、急性で、非常に伝染力の強い呼吸器の病気です。原因としては、ウイルスや細菌の複合感染と考えられています。代表的なものに、犬パラインフルエンザウイルス、気管支敗血症菌(Bordetella bronchiseptica)、アデノウイルス2型、マイコプラズマなどが挙げられます。感染経路は、咳やくしゃみなどによる飛沫感染です。

【症状】

・発作性の発咳

・食欲がなくなる

・発熱

・元気がなくなる

・鼻汁

・眼脂

・呼吸困難(重症な場合)

【診断】

年齢やワクチン接種歴から推測し、血液検査やレントゲン検査を行い、白血球の増加や気管支パターンが認められるかを確認します。

【治療】

抗生剤や鎮咳薬(咳止め)、気管支拡張薬(空気の通りを良くする薬、ネブライザー療法(噴霧吸入療法)を用います。

ワクチン接種により予防できるウイルスもあるので、定期的なワクチン接種が必要です。

【ほっておくと…?】

病気が進行すると、食欲がなくなったり元気がなくなったりし、ほっておくと肺炎を起こして呼吸困難になることもあります。特に仔犬では、「あれ?最近よく咳をするよね?」と違和感を感じたらかかりつけの先生にご相談ください。

Filed under: 西井先生のブログ — nishii 8:03 PM
ページ先頭へ
アイペットクリニック
〒634-0812 奈良県橿原市今井町3-11-22
診療科目:予防、一般内科、一般外科、眼科
アニコム損保、アイペット 対応病院